お気に入りに登録

埼玉県全域を活動範囲とする探偵業法の届け出を行った法人企業の株式会社が運営する探偵事務所です。埼玉さいたま市浦和区地区をご覧頂き有難う御座います。サイト内の画像,文章等の転載,複写,引用の一切は禁止しております。


価格等は最新でない可能性も御座います。またさいたま市浦和区の調査も各自の状況・情報の量で変化する事も御座います。

さいたま市浦和区の探偵-興信所業務について

探偵、興信所をさいたま市浦和区でお探しの方、お困りの方は当社にお任せください。
当社は当社は探偵業届け出を法人企業にて行っております。長年の実績に基づき、確かな技術と信頼できる株式法人の探偵事務所として活動を行っております。さいたま市浦和区での調査技術はさることながら、日本全国を単位とした確かな情報網と毎日教育での社員育成を元に信頼できるスタッフがお悩みを解決いたします。
さいたま市浦和区での探偵・調査依頼をお考えの方は、私たちまでお気軽にご相談ください。

個人調査

企業調査

当社では多種多様な様々な内容のさいたま市浦和区での調査が可能です。お気軽にお尋ねください。

さいたま市浦和区の地域性や探偵POINT


浦和区はさいたま市中南部、東京都心から20キロメートルから30キロメートル圏に位置し、面積は約11.51平方キロメートル、区域は南北方向に細長く、東はさいたま市緑区、南は同南区、西は同中央区、北は同見沼区、同大宮区と接しています。区内には、南北方向に国道17号、旧中山道や産業道路が、東西方向には国道463号、都市計画道路田島大牧線が伸びて、道路体系の骨格を形成しています。また、JR線の3駅(浦和駅、北浦和駅、与野駅)があり、なかでも浦和駅周辺は商業・業務機能や行政機能が集積する本市の都心として、市の発展の一翼を担っています。大きくみると、JR線沿線を境に西側にはオフィス街が、東側は緑の多い住宅街が広がり、賑わいと潤いが共存するという特性を有しています。 ※さいたま市浦和区公式ホームページ参考



南北朝時代に入ると、武蔵武士の多くは北朝方につき、各地で合戦を繰り広げました。県内では、小手指(こてさし)ケ原(所沢市)の合戦場をはじめ、女影(おなかげ)ケ原(日高市)などが合戦場として知られています。 室町時代の後半から戦国時代にかけて、有力な武将たちは城を築いて敵に備えました。鉢形(寄居町)・松山(吉見町)・八幡山(本庄市)・岩槻(さいたま市)・川越・忍(おし)(行田市)などの城を中心に戦いが繰り広げられ、やがて、小田原の後北条氏がこれらの勢力を統一しました。


奈良時代になると、法律や戸籍もでき、農民に一定の広さの土地を分け与え(口分田(くぶんでん))、税として租(そ)・庸(よう)・調(ちょう) を納めさせていました。深谷市の中宿遺跡の倉庫跡は、当時の正倉と考えられています。また、秩父から朝廷に銅が献上されたのを記念して、年号を和銅とし、和同開珎(わどうかいちん)という貨幣が造られました。


その後、豊臣秀吉の小田原攻めにともない、鉢形城は前田利家らに包囲され、岩槻城は浅野長吉らに、そして忍城は石田三成らに攻撃され、いずれも開城しました。江戸時代になると、旗本領や天領(幕府直轄領)が県域に設けられました。また、川越・忍・岩槻の三藩では城下町が整備され、岡部藩では陣屋が置かれました。交通も整えられ、江戸を中心に五街道が設けられ、県内には、中山道と日光道中(奥州道中)が通っていました。さらに、栃本(とちもと)(秩父市)、川俣(かわまた)(羽生市)、栗橋(栗橋町)には関所が置かれ、女子の通行や武器の移動に目を光らせていました。

ページの上に戻る