お気に入りに登録

埼玉県全域を活動範囲とする探偵業法の届け出を行った法人企業の株式会社が運営する探偵事務所です。埼玉草加市地区をご覧頂き有難う御座います。サイト内の画像,文章等の転載,複写,引用の一切は禁止しております。


価格等は最新でない可能性も御座います。また草加市の調査も各自の状況・情報の量で変化する事も御座います。

草加市の探偵-興信所業務について

探偵、興信所を草加市でお探しの方、お困りの方は当社にお任せください。
当社は当社は探偵業届け出を法人企業にて行っております。長年の実績に基づき、確かな技術と信頼できる株式法人の探偵事務所として活動を行っております。草加市での調査技術はさることながら、日本全国を単位とした確かな情報網と毎日教育での社員育成を元に信頼できるスタッフがお悩みを解決いたします。
草加市での探偵・調査依頼をお考えの方は、私たちまでお気軽にご相談ください。

個人調査

企業調査

当社では多種多様な様々な内容の草加市での調査が可能です。お気軽にお尋ねください。

草加市の地域性や探偵POINT


昭和30年(1955年)、草加町・谷塚町(旧谷塚村)・新田村による町村合併の結果、 新生草加町が誕生し、その後の編入・分離によって現在の市域がほぼ確定しました。昭和33年(1958年)11月1日には、県下21番目に市制を施行しました。その後、東洋一といわれた大規模な住宅団地の造成、東武鉄道・営団地下鉄日比谷線(現東京メトロ日比谷線)相互乗り入れなどを受けて人口が急増し、都市化が進行しました。草加市は昭和60年代以降、社会・経済情勢の変動を見すえながら治水や都市基盤の整備を推し進めています。現在、水と緑を生かし、さらに環境にやさしい街づくりを進めるとともに、平成5年(1993年)に行った音楽都市宣言に基づく「音楽と文化のまちづくり」を掲げながら、「快適都市・草加」の実現に向けたさまざまな取り組みを展開しています。  ※草加市公式ホームページ参考



平安時代、都で貴族が華やかな生活を送っていたころ、遠く離れた関東では、各地で武士団が台頭し、世にいう板東八平氏(ばんどうはちへいし) や武蔵七党も、大いに活躍を始めました。鎌倉時代には、武士が政権を握り、この頃活躍した河越(かわごえ)氏は川越市上戸(うわど)に、畠山(はたけやま)氏は嵐山町菅谷に館を構えていたといわれています。そのほか、武蔵武士の館跡が県内各地に残されています。


探偵業務の実施に関する規制 調査の結果が、違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはなりません。探偵業務を探偵業者以外に委託してはいけません。秘密の保持など正当な理由がなく業務上知り得た秘密を漏らしてはなりません。探偵業務に従事する者でなくなった後も同じです。


埼玉県には、自然がいっぱい。動物や植物が元気よく育っています。県では、わたしたちに身近で親しみのある鳥や木、花、蝶、魚を県のシンボルとして指定しています。

ページの上に戻る